スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アガリクスの歴史 「協和アガリクス茸仙生霧」の誕生

アガリクスの歴史 「協和アガリクス茸仙生霧」の誕生



アガリクス茸の原産地は、ブラジル・ビュダーテ地方の山中です。こ の地域は昼と夜の寒暖差が二〇度以 上と激しく、また定期的にスコール が降り、湿度が60%以上に達するなど特殊な気候条件を持ち、かつ土壌に豊富な栄養が含まれています。現地では、その美しく神々しい姿や、食べると体に良いことから「神のキ ノコ」、また数が少なく収穫しても二日も経たないうちに溶けてなくなってしまうことから「幻のキノコ」と 呼ばれてきました。一九六五年、日系人の手によって種菌が初めて日本に運び込まれ、人工栽培が実現。その後も臨床試験などが活発に行われ、研究者たちの間では 「健康によいキノコ」と高く評価されてきましたが、原料が安定的に手に入らないことや、栽培の難しさから、なかなか市場で見られることはありませんでした。

そんな中、私たちは長い年月をかけてアガリクス茸の生育環境を解明し、一九九二年に世界で初めて安定管理栽培を成功させたのです。そしてその二年後に、「アガリクス茸仙生露」を商品化。やがて実際に使用された方々の口コミで少しずつ評判が広がり、その後のブームへと繋がりました。

協和アガリクス茸 仙生露

日本国内の専用施設で栽培されたアガリクス茸『ABMK』を南アルプスの伏流水を使ってじっくりと熱水抽出したエキスとアガリクス茸『ABMK』をフリーズドライ加工した顆粒を製品化しています。

info1.jpg

仙生露 まとめ買い特価
仙生露 まとめ買い特価


協和アガリクス仙生露エクストラゴールド濃縮タイプ
協和アガリクス仙生露エクストラゴールド濃縮エキス


協和アガリクス仙生露顆粒タイプ
協和アガリクス仙生露顆粒タイプ




 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。